離れててもどこかで繋がっての感想

カイさん
評価:☆☆☆
竹取物語モチーフのお話ですね。カントーとアローラにUBを介したそんな縁があったかもと思うと、なんだかロマンチックです。
照風めめさん
評価:☆☆
死亡:×
属性:富士、不死
舞台:カントー
推しポイント:UBと昔話のコラボレーション
アオリ文:カントーに残る昔話、満月の夜にそれは起こる
竹取物語のポケモン版リメイク、面白かったと思います。
特にオチでUB寄せの話へと方向を持って行くのもなるほど、と脱帽しました!
さて、もう少し本編の方に話を戻します。折角なので竹取物語の方もきちんと読んでみたのですが、竹取物語はどちらかというと求婚した無茶難題を貴族たちがあの手この手で奮闘するのも醍醐味なのですが、今回はそれらの要素が見当たらないので、あくまでこの小説は「竹取物語に設定を寄せたオリジナル」と位置づけします。
では娘はなぜピクシーをつれた男に惹かれたのでしょうか。
確かに竹取物語でも姫は文通をしていたと思いますが、相手は帝だったはず。
それではこの娘は何故金持ちの男や顔のいい男に目もくれず、一度街で会った普通の男と文通に夢中だったのでしょう。
個人的にはそこが納得できませんでしたので、もう少し掘り下げが欲しかったなと思います。
おそらく最後に話しているのはマサキでしょうか? ただ現コガネ住民として言わせていただくと、この関西弁はちょっと納得がいきまへんわ!!(笑)
原作では不死の薬は燃やしたはずですが、伝承がこの通りであればシロガネ山にはまだ薬が残っているはず。……まさかレッドが? なーんて。
Ryoさん
評価:☆
日本最古の物語に挟まれる横文字への違和感が、違和感がすごい
現代語訳にしても「ピクシー!あのポケモンにムーンフォース!」はあまりにも今風すぎる、フェアリータイプが追加されたのが最近だし……
それ言ったらテッカグヤ(UB)もそうなんだけど、この物語が本家と同じくらいの時代にできたものだとして
そもそも当時テッカグヤとか呼ばれてないでしょうしポケモンという認識があったかすら謎ですよ。謎のでかい竹が降りてきたとかそういう謂れだと思う。
多分割りと軽いノリで書かれた話だと思うんだけど(違ったらすみません)どうしても時代背景とか突っ込んでしまうなぁ……
あきはばら博士さん
評価:☆☆☆
後半部分のセリフの多さに対して、娘が育つ前の前半部分のセリフが少なくてバランスが悪い感じがしましたね。
フィッターRさん
評価:☆☆☆
ポケモン版竹取物語。発想の源はテッカグヤなのでしょうが、確かに月の世界って言ってしまえば異世界ですし結構相性がいい組み合わせでもあったんだなあ、と気づかされました。
最後にカントーに出向いたリーリエのお話を盛り込んでいるのもいいですね。でもピクシーの踊りにまつわる話があまり中身に絡んでいなくて、ちょっと蛇足かなとも思いました。
あまもさん
評価:☆☆☆
ポケモンの世界でのかぐや姫はこんな風に語り継がれているのかなと楽しく読ませていただきました。昔話大好きです。
Pさん
評価:☆☆
テッカグヤを切っての返り討ちを回避した翻案に開始3行で思わず唸りました。
そこから始まる娘と男のみならず、その語り手と聞き手について明かすことでもう一つのつながりが浮かび上がる構図がいいですね。
クリア後に出会うチャンピオンのことを聞いているので、リーリエとサンムーン主人公は今でも連絡をちゃんと取り合っているんでしょうね。遠く離れてもつながりそのものは消えてなくなっていない。
葉穂々さん
評価:☆☆
シロガネ山とフジ山の繋がりに迫る一作。
男性が月の使者へと放つ「ピクシー!あのポケモンにムーンフォース!」の叫びが印象的でした。
何故でしょうか。このお話の中で最も味わい深く感じたのですよ、この台詞とこの場面が。
ポケモン昔話として楽しめただけに、最後で場面転換してしまったのはやや残念に思えました。
乃響じゅん。さん
評価:☆☆
かぐや姫ポケモンバージョン。娘と結婚させる条件がポケモンバトルってのがいいですね。
ピクシーの陰が若干薄いので、満月の夜に踊るようになった理由がちょっと薄いように思いました。
また、最後のリーリエの登場ももおおっ、とはなりましたが、若干蛇足かな、という気がします。
ポリゴ糖さん
評価:☆☆
【褒めポイント】
・竹取物語のポケモン版オマージュという発想
  昔話と絡める発想は良いですね。
・テッカグヤというチョイス
  UBのことを知らなかった昔の人が、中空に消えた姫の姿を見て、天に昇っていったと伝承したというのもうなずける。
【指摘ポイント】
・竹取物語の原作との微妙な関係
  ポケモンのいる世界に合わせてアレンジを加えているのは判るのですが、どうしても原作に引っ張られ過ぎて脱し切れていない印象です。やるなら婚約者に難題を吹っ掛けるところとか、現れたテッカグヤに戦意喪失、技を出しても当たらない、みたいな原作再現が欲しいですし、いっそ大胆なアレンジを加えるのもありだったのでは。
・テッカグヤと名乗る竹のポケモン
  自分のポケモンの種族名を名乗るのか……という違和感
【総評】
 原作が有名な分どうしても難しくなるのは判りますが、もっと工夫できたと信じて☆2つです。
逆行さん
評価:☆☆
「山へ芝刈り」の方の誤字は修正が加えられていましたが、「おばあさんがにおりました」の方は修正されていない……。
 と、それはさておき、昔話に良い感じのアレンジが加えられておりました。竹取物語のお話をベースに、うまいことをUBを絡めていて面白かったです。
 テッカグヤの方は良かったのですが、ピクシーの存在が中途半端だったように感じました。「それ以来、ピクシーは満月の夜に踊るようになったと言われています。」で、昔話を締めていますが、別にピクシーがそこまで物語に関与していた訳でなく、ただ単に男の手持ちであっただけであるので、この締め方は少々違和感がありました。この締め方でいくのであれば、もう少しピクシーを物語に絡めるべきであったと思います。
 最後にリーリエを出してきたのはうまいです。原作と重ね合わせてきたことは良かった。ただ、シロガネ山は行かない方がいいじゃないだろうか……。いくらチャンピオンと一緒とはいえ、足手まといになるだけじゃ……とはちょっと思いました。もっと強くなってから行くのであればいいと思いますが。
 
はやめさん
評価:☆☆
 考えますよね、ポケモン版竹取物語。テッカグヤが登場した頃に私も妄想したことがあります。
 原典からは細かい部分を大分省かれていらっしゃるので、話の流れが少し早急に感じられました。スムーズかつコンパクトに纏められており大変読みやすかったのですが、その分を加筆するとより物語が増すかなという風に感じました。
 無粋を承知で言わせていただくと、テッカグヤ姫verも読んでみたいですww
紫雲さん
評価:☆☆☆
 ポケモン版、竹取物語。ややオリジナリティに欠ける印象がありました。テーマを尊重して元の物語の結末に繋げようと物語をなぞるのであれば、五人の求婚者である公達や宝などもポケモン世界の事象に当てはめ、二次創作ならではの世界観を貫いて欲しいと思いました。
 最後の会話は、現実世界にも通じる、伝承の尊さが感じられて好みでした。
円山翔さん
評価:☆☆☆☆
 まさにタイトルの通りだと思いました。離れていても、どこかで繋がっている。それは道なのかもしれませんし、もっと見えないもの、例えば血の繋がりとか、絆とか。竹取物語をさらった昔話と思われますが、確かにテッカグヤが出てくる以前はタケノコのポケモンっていなかったと聞きます。そう考えると、竹取物語というのは実はウルトラビーストの出現によって生まれた物語なのかもしれないという考察もなるほど頷けますね。
 物語の中だけではありません。アローラからカントーに旅立った少女と、カントーからアローラへ引っ越した彼か彼女か。二人もまた、どこかで繋がっているのですね。
小樽ミオさん
評価:☆☆☆
 この作品は何と言っても結び方が素晴らしかったと思います。
 物語って、誰かが伝承してくれないとその時代で途絶してしまうんですよね。けれどもこの作品では、最後に少女たちが娘とテッカグヤの物語を口にすることで伝承が行われている。一千年あまり伝えられてきた『竹取物語』のイメージと相まって、この落とし方はとても素敵だと思いました。さらにこのオチの素敵なところは、恐らく片方の人物がリーリエだろうと想像できるところ。サンムーンの物語の終わりにアローラを旅立ったリーリエのその後は誰もが想像を巡らせたことがあると思うんですね。そこにバァンとリーリエが出てきてときめかないはずがありません。「離れててもどこかで繋がってて」というタイトルが娘のことだけでなく、リーリエと故郷やそこに暮らす人々とのことも指しているダブルミーニングだと気付いたときの爽快感! これは多いに好きなところです。
 娘の物語の方はかなりサクサクと進むので、「もっと読みたい!」という気持ちがある反面、平易な言葉づかいで最低限の情報に絞った描写がいかにも口承文学的という感じもするので、一概にどちらがいいとは判断ができず難しいところです。もしも両立ができればさらに読み応えのある作品になるかと感じます。
北埜とらさん
評価:☆☆
 ……あっ!! あーっ!! 不死の薬をシロガネやまに埋めたからフジの山→富士山になったってことですね!? あーっそういうことか!! はいはいはい!! 納得した~!! ん!? それならフシの山にな……あっなんでもないです!! 頭が悪くてすいません!!
 テッカグヤ、って、竹なんですね。なんかUBにご縁が無い生活を送りすぎてビジュアルをまじまじと見たことがなかったんですが、めっちゃかぐや姫なんですね。こういう風によく知らないポケモンのことを知れるのも、たくさんの作品に触れる機会である企画の醍醐味の一つですよね。
 いやでもね、私はこの男に言いたいっすよ。
 彼女は彼と離れてあちらの世界に行くのが辛くて、いつまたこちらに戻ってこれるかも分からなくて、でも……あなたに待っていて欲しい……だから不老不死の薬を渡したんでしょ? それなのにさあ~『彼女のいない世界で生き長らえる価値なんてないよ』ってお前え~ちょっと薄情なんじゃないですかねもうちょっと考えてくれてもいいんじゃないですかね? 彼女はいつになるか分からないけどもう一度会いたいから薬を渡したのにもう一度会えるかもって言ってんのにさあ~肝心の男の方はキミがいないと寂しいよ待ってられないよ無理ウエ~ン(埋め埋め)ってちょっとさすがにキツいっすね、そういう教訓の物語……多分違う……でも野郎……いや気持ちは分かるんですけどね……お伽噺なら尚更っていうか……ねえ……野郎てめえ……
 でもリーリエちゃんかわいかったので許します。知識が浅くて申し訳ない、最後の会話相手は誰なんでしょう。標準語じゃないからマサキ……とか?

【 こ こ か ら 追 記 】
 すべて竹取物語が出典だったんですね……富士山の由来が不死の山なのも……男が屑だったのも……なにもかも……(今調べて知った模様
 本当に恥ずかしいこの感想をこのまま投げていたら竹取物語知らねえとかこいつ義務教育も終えてねえぞ!! 叩け!! って袋叩きにされるところでした、たまたま教えてくれた人本当にありがとう……ありがとう……
 さながら、ポケモン版竹取物語、ってとこでしょうか! なんで今更にならないと気付かなかったんだろうな! ハッハッハ!!

■投票時追記
 『離れててもどこかで繋がって』ってタイトルがリーリエとアローラが繋がっていることにも繋がっていたんですね……! アアアアーッ!!(尊さのあまり爆発四散
森羅さん
評価:☆☆
浮線綾さん
評価:☆☆
浅夜&とまとさん
評価:☆☆
レイコさん
評価:☆☆☆
48095さん
評価:☆☆☆
まーむるさん
評価:☆☆
不壊さん
評価:☆☆☆☆
砂糖水さん
評価:☆☆
あすぺふさん
評価:☆
風間深織さん
評価:☆☆
えびフライさん
評価:☆☆
トビさん
評価:☆☆
灰戸さん
評価:☆☆
さつこさん
評価:☆☆☆
空色代吉さん
評価:☆☆
586さん
評価:☆☆☆
織田秀吉さん
評価:☆☆☆☆