タワータイクーンへさよならをの感想

葉穂々さん
評価:☆☆☆
読後の余韻がとても気持ちの良い話でした。
記憶は失えども、塔を守る者としての誇り。過去の自分との別れと、どこかに残る切なさ。好きです。
Pさん
評価:☆☆☆☆☆
自らの才をひたすらに誇りとし、またそれを失ったことを受け入れつつも未だ未練を残すというリラのキャラクターと、その未練を完全燃焼させ、あるいは成仏させるに相応しい圧巻のバトル描写。
そしてハンサムにも、そしておそらくそれを受け取ったミヅキにも分からず、ただリラと読者だけが知るアビリティシンボルの意味。
この一話完結ですべてに美しい決着がつく話をB部門の文字数制限内で行っているという技量にも驚かされました。
ゲーム本編ではリラの登場とその設定にかなり唐突な印象を抱いたのですが、そこを補完する話としてもとても面白く読ませていただきました。
照風めめさん
評価:☆☆☆
死亡:×
属性:藤
舞台:アローラ
推しポイント:激熱なバトルシーン
アオリ文:国際警察の私。そして、才能を磨いていた私
バトルが熱いですね! 原作ゲームに沿うような交換読みあいだとか、ただ単にぶつかり合うだけじゃなくて頭を使っている所も心理戦って感じでいいです。
というよりはミヅキの手持ちがガチで塔登れそうなPTですね……。強い。
ふじ要素は序盤に少し触れた程度で薄いなと感じざるを得ませんでした。
ですが、サンムーンにおけるエピローグとしてのリラの補完として面白かったです!
エメラルド時代の記憶を捨て、サンムーンの世界(並行世界)で生きる覚悟を決める。
その力強さと凛々しさが鮮烈に映えていたと思います。
トビさん
評価:☆☆☆☆☆
本格的なバトル小説でしたね ミズキの出すポケモンがガチすぎる すげえレート上位にいそう 
最後のピアスの演出たまらなく好きです 大人なリラさんの人柄がとてもよく描写されていた小説だと思いました
フィッターRさん
評価:☆☆☆☆☆
本フェスでも珍しい、愚直なまでにポケモン勝負1本に絞ったお話。サンムーンのリラが過去と決別する過程として、ポケモン勝負を軸にした人間ドラマを描くという筋書きがとてもいいなあと思いました。"全力じゃなくて、ゼンリョク!"このセリフ好きです。
戦闘描写はゲーム版をなぞりながらも、ガブリアスの予備動作を見て攻めるのか舞うのかを見抜く、というゲームではできない、ゲームではない媒体だからこそできる描写をしっかり入れているところ、個人的にかなりの高評価ポイントです。
カイさん
評価:☆☆☆☆☆
リラとミヅキのゼンリョクバトル、とても迫力がありました。
テンポよくバトルを描写しながらも、原作ゲームのシステムを忠実に再現した展開には脱帽の一言です。リラについての考察もすごく好きです。
小説としても、ポケモンバトルとしても大変面白い作品でした。
乃響じゅん。さん
評価:☆☆☆☆☆
バトルシーンの密度が凄まじい作品でした。後で気付いたのですが、この作品は7500字弱しかないのですね。字数ギリギリまで使っていたと思っていたので、驚きました。
二人のゼンリョクの頂上決戦が本当に熱い。同じ手を出すという場面が最初と最後の二回ありますが、一回目は高度な読み合いの末の判断、一瞬のやり取りにゾクゾクしました。戦闘中の読み合いも分かり易くすんなりと状況や思惑が浮かんできて、まさに情景が浮かぶようでした。最後のスパーキングギガボルトはまさに死力を尽くしたZわざ、というのが伝わり、本当に鳥肌ものです。
改めて書きますが、これが7500字しかないのが本当に信じられないくらいです。濃厚なバトルをありがとうございました!!!
あきはばら博士さん
評価:☆☆☆☆
バトルシーンに割く枠を取りすぎて、バトルを通して伝えたいものが伝えきれてない感じがしました。バトル中に何故私はこの場所にいるんだ?などと未知の地(フロンティア)の幻視と共に葛藤を書ければ良かったかもしれません。
風間深織さん
評価:☆☆☆
テーマが色の「藤」
バトルシーンが印象的なお話でした。ゾクゾクしますね。多少の誤字や句読点が気になりますが、ストーリーはとても魅力的でした。ゲームをプレイし、昔のリラを知っている私たちと、今のリラだけを知っているミヅキ。よく作り込まれたお話だと思いました。
あまもさん
評価:☆☆☆
それぞれの思いや宿命を背負いながらも全力でぶつかる姿はまさに心の強さを持ったトップトレーナーで、とても熱かったです。
Ryoさん
評価:☆☆☆
これ、バトル描写は凄く練られてて上手いと思うんですよ。
でもツイッターでも呟いたとおり私はバトル描写を読むのはかなり苦手な方で、
ライコウとカプ・コケコをお互いに引っ込めてカビゴンとガブリアスを繰り出す流れの説明だけでも
3回位読み直さないと脳内の映像と文字が同期しなかったんですよ。
で、この読みあいが1秒だけど私の中では下手したら10分以上かかってるわけで、作中で流れてる時間と私の時間が全然同期しない。なので凄くしんどかった……
でも何度か読み返して筋を理解してから改めて読んでみたら、どうしても数値の読み合いみたいになってしまうガチバトルを
こうも生き生きと書いてあることに作者の筆力、バトル双方におけるレベルの高さを実感しました。
ポリゴ糖さん
評価:☆☆☆☆
【褒めポイント】
・バトルの描写が秀逸
  一瞬の間の読み合い、迫力のあるわざの描写、そして最後の最後でリラの口調が昔に戻る展開。どれも熱い! リラの手持ちポケモンがタワータイクーン時の手持ちというのも良い、そのポケモンの力を存分に活かしたゼンリョクのバトルも、すごく見ごたえがありました。
・最後の展開
  無意識にアビリティシンボルと口に出したりするあたりがリラなのだろうな、とも。負けてさわやかな形で過去の自分と訣別する。全体の流れとしても良かったと思います。
【指摘ポイント】
・ふじ要素の薄さ
  ふじにまつわるお話なので、藤色の髪の少女というところをもっと強調するべきだったかと思いました。
【総評】
 バトルに力を入れた熱い作品でした。☆4つとしたいと思います。
円山翔さん
評価:☆☆☆
 残念ながら、私はポケスペでしかリラさんを知りません。エメラルドではバトルタワーに挑戦したことすらなく、ムーンはまだメレメレ島から出たことがない状況。リラさんが出てくる事をこの小説を拝読して知って調べた次第です。ただ、ポケスペにおけるリラさんの姿を思い返して、この小説のリラさんと重なるところがあるなぁとしみじみと思ってしまいました。全力で、否、ゼンリョクで戦い、認めた相手にシンボルを与える。それがたとえ、才能を試す塔を守る者としてではなくとも。結局、リラさんは記憶を取り戻した、ということになるのでしょうか。もしもこの世界のホウエン地方にバトルタワーがあるのならば、そしてリラさんを悩ます病魔がいなくなったならば、また塔を守る者としての姿を見てみたいと、そう思います。
はやめさん
評価:☆☆☆
 ポケモンバトルにおける「負担」の要素への言及が面白かったです。
>ポケモンバトルと言うのは人間は指示を出しているだけの様でいて、複数のポケモンを操る統率力、相手の動きから次を予測する洞察力、自分の戦略を通す頭脳と判断力が求められ、そのために必要なエネルギーの消費は決して軽いものではない。モータースポーツによるレースはマシンを操縦するだけで自分が走るわけではないが、プロの世界では一試合で体重が1キロ以上減ることも珍しくない。
 この解釈はなるほどな、と唸りました。最近のポケモンではますます精神・気力を削り、ポケモンと一心同体になって戦う傾向が見られます。
 Zパワーの消費やメガシンカにかかる一戦ごとの負担は、これまでのポケモンバトル以上の過酷さだと推察致します。
 ウルトラホールという未知エネルギーの影響によって、リラの体には色濃く表れてしまうという設定には説得力を感じました。

>「でもダメです。全力じゃなくて、ゼンリョク!それがアローラのバトルですから!!」
 この台詞も印象的でした。「全力」ではなく「ゼンリョク」。表記の違いはポケモンバトルにどのような想いで臨むかの表れ。

 そして、リラをエメラルド・サンムーンと紐付け、ふたつの異なる世界観を設定によって交わらせた点、二次創作らしくて好きです。
 ミヅキとのバトルによって、リラの懊悩は晴れ、新たなる勝者にかつて自分を重ねたアビリティシンボルを託すことで、タワータイクーンから国際警察の今の自分になることが出来た。様々な象徴を介して、心情の変遷が描かれている展開がとても綺麗でした。
逆行さん
評価:☆☆☆
 バトルシーンは見事でした。スピード感があって、展開も(ポケモンバトル初心者から見ても)分かり易く、何が起こっているのか頭の中でイメージするのが容易でした。メガシンカやZ技と言った要素を惜しみなく使っていて、しかもそれぞれ巧く活かせている印象でした。作者さんはかなりバトルシーン書き慣れているという印象を受けました。
 リラとミズキ。どちらも強者であることが伝わってくる描写でした。
 また、ポケモンバトルをすることによるトレーナーの疲労に目を付けたのも良かった。体重は確実に減るでしょうね。頭も体も相当消耗するでしょう。年をとってくると堪えるでしょうね。
 一つ「うーん」って思ったのが、リラさんの「才能を見せつけたい」という心境でした。あんまり自分の才能を見せたいということを、大人になってからも考える人は少ないんじゃないかなあと思ってしまいました。ましてやそれを声に出して言うなんてことはしないんじゃないかと。むしろ自分が今までしてきた「努力」の方を見せたい。そっちの心理に向かうことが多いのではないかと。個人的にですがそう思いました。
 そこに幼さがあるのがリラさんの魅力なのかもしれませんが。ならばせめて、結末で過去の自分と決別した際に「才能を見せたい」と言っていた自分を恥ずかしく思ったりだとか、そういう描写があっても良いかなと思います。
紫雲さん
評価:☆☆☆☆
 バトルの描写がとても丁寧でありました。その場合、まどろっこしく感じられることもありますが、本作は、例えばスポーツを比喩に用いて読み手に場面を分かりやすく想像させる心意気等も感じられ、好感が持てました。SMの詳しい内容を持ち合わせていないので恐縮ですが、過去から脱却して新たな世界と向き合うリラの変化を、バトルを通して書き記され、このポケモンバトルを通した王道展開はやはり好みでありました。
小樽ミオさん
評価:☆☆☆
 エメラルドに現れるリラのセリフやパーティを物語に織り込んでいる点でも原作へのリスペクトを感じました。私は原作を遊んだことがないので、原作を遊んだことがある人にはまた違った印象や深みが感じ取れたことと思います。
 見どころはやはりバトルシーン。読みあいはバトルの醍醐味ですし、極限のバトルを通してアローラのリラの中に「タワータイクーン」が蘇るところは気持ちが滾ります。一人称がエメラルドでの「ぼく」に切り替わることで表現されていたのもなるほど! と感じました。
 最後はタワータイクーンとして生きた自分と決別し、UBとの闘いの中に生きることを決意するわけですが、その表現がイヤリングを「アビリティシンボル」として譲るという象徴的なシーンで描いていたところもよかったですね。原作の彼女を余すところなく描き出したいという情熱が伝わってきました。
北埜とらさん
評価:☆☆☆☆☆
 そういえばバトルシーンのある作品が少なかったですね。そういう意味で本作は異色の存在であったと思います(ポケモン二次小説大会にもかかわらず……笑)。
 SMはプレイ済みでUBのイベントもクリアしたのですが、エメラルドは未プレイなので子供時代(?)のリラのことをよく知りません。wikiで調べた付け焼刃の知識で読ませていただいたことをまずはご了承ください。
 世界線で髪色の呼び名が違う、という設定は面白い発想だなと思いました。ミヅキとのゼンリョクのバトルを通じて殻を破り、この世界の自分として生きていく前向きな気持ちになることができた、という流れも分かります。今回は「ふじ」が入って入ればOKという基準で採点したので評価には含めませんが、この設定・お話で「テーマは藤」とするならば、最終盤に「『ライラック色』の少女に別れを告げ、『藤色』の自分として生きていこう」みたいな感じで締めていれば、テーマ「ふじ」としてはより綺麗に纏っていたかなと思いました。
 さて、バトル凄かったです、いやもうこれは本当に凄かった、初読でも楽しかったし、二読目も変わらず楽しかった。私はゲームの対戦要素に疎いのですが、作中の高度な読みあい、戦略なんかが疎くてもちゃんと伝わってきて、陳腐ですが「すげ~……!」の連続で凄く楽しかったです! 初っ端から伝説がドーン! と対面して、「うおお!?」となった次の瞬間には、どっちも引っ込んで「うおお!?(二回目)」となる。これ、対戦界隈ではよくある光景なのかもしれませんが、素人的にこの時点でめっちゃ「これは凄いバトルになるぞ!!」と興奮して! ただただバトルシーン、っていうだけでなく、ハイレベルな戦いであることがビシビシ伝わってきました。個人的には、例えばラティオスが『竜の舞』積んでるといえ『噛み砕く』一撃で落ちるみたいなのは(ゲーム仕様で計算するとあり得るんでしょうが)小説で読む分には盛り上がりに欠けるしどうなんかな~といつも思ってしまう方です。ですが、本作は
>敢えて上空へ逃げたラティオスを捕らえるために自身も高く浮いたギャラドスが衝撃波を起こすにはラグがある。そのわずかな時間でライコウは尻尾に狙いを定めうつ!
 この部分に代表されるような『創作物ならではの表現』みたいなのも盛り込みつつ展開されていたので、ゲーム仕様のダメージ計算でも凄く楽しむことができました、コレ凄いことと思います。ちょっと何言ってるか分からない感想になりつつありますすいません! 凄く興奮しました(そもそもダメージ計算に基づいてなかったらホントすいません 計算の仕方がまるで分からないので確認できません)
 そんで熱いのが、最後最初と同じ伝説同士が対面しますよね。そして同じZ技をぶつけあって終わる、コレね、ホント熱かったです、ホントによく出来たバトルシーンでした、大好きです、描写よりも『構成』が良いなってこんなにも思ったバトルシーンないかもしれないです、ホントすごいです。語彙力低すぎてホントすいません興奮が止まりません。
 そんで、この作品こんなにバトルが凄いのに、リラがバトルによって溜め込んでいた鬱憤を解放する瞬間や、試合前後でのリラの様子が晴れやかになってることがばっちり描かれているし、アビリティシンボルが無意識に口をつくところとか、でもそれをもう気にしなくていいんだ、ってところ、その後の台詞とか、今後リラに訪れる生活の切なさを予感させ、それでも希望を胸に、『満足気に笑っている』昔の私に別れを告げて、前を向き生きていくところ、いっや~~~~~コレすいません めっちゃいいわ グッときた 全然思い入れの無いリラのことが好きになりました すげー興奮する!!! いやあ楽しく読ませていただきました。良かったです。ごちそうさまでした。
森羅さん
評価:☆☆☆
浮線綾さん
評価:☆☆☆
浅夜&とまとさん
評価:☆☆☆
レイコさん
評価:☆☆☆
48095さん
評価:☆☆☆☆
まーむるさん
評価:☆☆☆
不壊さん
評価:☆☆☆☆☆
砂糖水さん
評価:☆☆☆☆
あすぺふさん
評価:☆☆
えびフライさん
評価:☆☆☆☆
灰戸さん
評価:☆☆☆
さつこさん
評価:☆☆☆☆☆
空色代吉さん
評価:☆☆☆
586さん
評価:☆☆☆☆
織田秀吉さん
評価:☆☆☆☆☆