ジャロンダの感想

あまもさん
評価:☆☆☆☆
藤の花、炎、ジャローダの色彩に加え、恐怖も鮮やかなお話で一気読みしました。
葉穂々さん
評価:☆☆☆☆
畳みかけるパニックホラー感がGOOD!
性癖に正直に従って書かれた作品であると感じました。
万人受けするかはともかく、この作品が誇るべき点の一つですよ。
ラストのふじ描写は、えげつないながらも美しかったです。
(ところで、妙に頭に残るタイトルは、単純にアナコンダからでしょうか?)
フィッターRさん
評価:☆☆☆☆☆
珍妙にも見えるタイトルに首をかしげながら見てみると、その実態はガチなモンスターホラーパニック。開始早々崖から突き落とされた気分になりました。
ジャローダが暴れだしてからの文章の緊張感、そして絶望感が凄いですね。恐怖に背筋が凍る、それでも続きを見たくなる。これぞまさしくホラー! という鬼気迫る文章でした。
最初には自分に与えられた寿命の長さにそこまで執着していなかったエンテイが、終盤ではひたすら生に縋る対比はすごく印象的でしたね。
照風めめさん
評価:☆☆
死亡:〇
属性:不死、藤
舞台:イッシュ
推しポイント:効果抜群の投稿順
アオリ文:襲い掛かる巨大なジャローダ。その運命はいかに
作者は勿論あの方なんでしょうか。そう予測が立ちます。
ホラーチックなテイストで、徐々に徐々に迫る絶望と危機的状況。
序盤でオチが読めていても、引き込まれる恐ろしさがあります。
伝説のポケモンであるエンテイがジャローダにやられる、というのはやはり伝説なのにというのもありますがタイプ相性的にも面白い発想だと思います。
相性が悪いのなら、まあ相手が悪かったなとも思うんですが、タイプによる言い訳が一切聞かない状況ではその真逆でこんなんどうしようもないやんけ……、というジャローダの強大さを感じずにはいられません。
特にドンカラスをボールに戻せないというのは虚を突かれました。どんな距離でもポケモンはボールに戻せるものばかりだとてっきり。さらにここから拍車をかけるように連鎖的な絶望。いや~きつい!
R-15に恥じないえげつなさ(誉め言葉)でした。
ただエンテイの主人に関しては……。即堕ち感ありますね。他の人たちを助けたい→自分だけ助かりたい、が早くて、たぶん字数の都合だと思うんですけど、一読目の際は綺麗事言う人だなあと思ってしまいました。(もしかしたらそう意図している?)
おそらく助けようと思った瞬間に助けられない(力の差的な)ことが確定して、絶望したんだと思うんですけど……、どうなんでしょう。
最後の怒涛のシーン、これは巧いなあと思いました。
息遣いや体温が感じられるような描写、読者の心拍数を上げるテンポ、恐怖を引き出すための思考の退化。
絶望するシーンって中々に書くの難しいと思ってたので、勉強になります。
ビクついてもしっかり読み込めば読み込むほど、何故この作品が怖いと思える作品なのかが浮き彫りになり、読み解いていて面白かったです。
Pさん
評価:☆☆☆☆
投稿ナンバーのトップから絶大なインパクトを残すR-15指定vore。
お題「ふじ」において藤の花と不死性を繋げる話が多く見られましたが、花言葉等ではなく薬という形で二つを連結した結果生まれたホラー空間は見事ストーリーterrorコンテスト会場を作り上げていました。
ホウオウ産不死のエンテイを軽々上回る人間産不死のジャローダたちの圧巻の強さと恐ろしさが画面の向こうまでびしびし伝わってきます。
ところで寿命が実質存在しなさそうな不死存在エンテイは、もしかしてこの後生きたまま消化されるんでしょうか。
まーむるさん
評価:スキップ
大体というか、まあ、自分だと大体の人は分かっていたと思うけど。
初稿は空白改行抜きで12000文字オーバー。何とか10000文字以内に収まったと思ったら空白改行込の10000文字制限と言う事で、多分1/5位は削ったと思う。
で、誰かさんが言ってたけど、まあ、これ、アダルトビデオみたいなもんです。アナコンダの映画見て性癖そそられるような人間だからね、それと自分の性癖詰め込んで。
これで性癖ねじ曲がった人は居ないみたいだけど、何故カルテットで性癖ねじ曲がった人居るのだろうと今でも不思議に思ってる。あっち全くそう言うの狙ってなくて、こっちは性癖捻じ曲げにきたのに。
森羅さん
評価:☆☆☆
初っ端からこれですかーっ! ってなりました。勿論良い意味で、です。いや、小気味のいいくらいすべて全員食われましたね。食われる時の表情というか描写も凄い。めちゃくちゃ「書いてやるぜ!」って感じがしました、素晴らしいです。ツイッターを見る限り性癖に刺さった方もいらっしゃるようですが。
ただ、こう、なんというか。そこに至るまでの経緯(藤の花を見に行こう)と「特殊な藤の花」がちょっと無理やり感がありまして、エンテイも、なんでエンテイ? と思ってしまったところもありまして、すみません、僕個人での全体の評価は低めになってしまいました。
砂糖水さん
評価:☆☆☆☆
作者の性癖がよくわかりますね(白目
いやいいと思う。初っぱなにこれは、きついと言えばきついけど、ここまでぶっ飛んでるものの方がわたしは好き。
紫雲さん
評価:☆☆☆☆
エンテイという強大な力を持つポケモンですら敵わないという、とにかく絶望感が走り抜けていく作品でありました。特に既知のポケモンとは似て非なる得体の知れない怪物への恐怖を感じずにはいられませんでした。
一方で、ホウオウの下僕であるエンテイが、如何なる理由でマスターの下に従うようになったのか、その背景がもう少し知りたいなと思いました。後半のマスターを守ろうと走る姿がより印象深いものになったのではないかと推し量ります。
とはいえ、最後に藤の花の存在を再び呼び覚ます真っ直ぐな表現が現れたことには、溜め息を吐くばかりでありました。薬を飲み続けたことで体内から藤の香りを放っているのでしょうか。それとも、死の間際で過去に見た記憶を思い起こしているのでしょうか。淡々としながらも絶妙な締めくくりに、素晴らしい読後感をいただきました。
ところでジャロンダは、ジャローダに藤の学名を充てがった造語でしょうか。藤のしっかりと巻き付く蔦のイメージ等もジャローダに反映されているように思えました。
カイさん
評価:☆☆☆
わああ~~~とても怖かったです!
食欲のおもむくままにジャローダが全てを食らい尽くしていく描写……じわじわと追い詰められていく絶望感……ぞわぞわしました。
乃響じゅん。さん
評価:☆☆
じわじわと迫り来る恐怖。震えるサーナイトから、恐ろしさが伝わってくるようでした。逃走を決意してからのスピード感が良かったです。為すすべもなく飲み込まれていく仲間達の絶望感が凄まじい。
ただ残念なのは、風景描写が少なくここがどういう場所なのかがイメージし辛かったことです。特に序盤で、ドームの描写がほぼポケモン達の様子しか描かれていなかったので、中に人がいたことや、どういうドームなのかがよく分からず、とっつきにくい印象を受けました。主人公側の設定をシンプルにしてでも、そっちに文字数を稼いで欲しかったな、と思ってしまいました。
あきはばら博士さん
評価:☆☆☆☆
お前もしかしてまだ、自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね? エンテイを主人公に据えるというセンスがいい、よりあっけなく、テンポよくザクザク処理されていく流れがいいですね。
Ryoさん
評価:☆☆
あー、蛇って際限なく巨大化するから餌も必要ですよねぇ、と一瞬思ったんですが、蛇、変温動物だから案外少食なんですよね。
まぁそれは薬のせいでおかしくなったから、ということにしておいても、
寿命を延ばす手段を渇望する人間やポケモンと、生まれつき寿命という概念のないエンテイの対比は面白そうだったんですが、
そこら辺の逡巡の直後に始まる怒涛の捕食シーンと大量のジャローダのインパクトで藤成分と共に全て霧散してしまったのが残念でなりません。
多分捕食シーンのインパクトが強すぎるというよりも、そこに至るまでの地の文が弱いというか、淡々としすぎているのだと思います。
ポリゴ糖さん
評価:☆☆☆☆
【褒めポイント】
・簡にして要を得た描写
  例えばドンカラスに始まりそこから一気にパーティが全滅していく様だと、本当に悲しんだり恐怖してる暇もないほどの一瞬の出来事だったというのが無駄のない文章で一気に書き切られている。
・エンテイとジャローダの不死性の対比
  ホウオウから与えられた不死性と、自力で作り上げた不死性とを対比させているのが素晴らしい。
【指摘ポイント】
・「長寿になれる研究」を簡単に公開していいものか
  普通研究の実態というのは内々の人間以外には知らせたりしないので。作中のトレーナーも特に問題なくドームに入れているけれど、長寿の薬の製法や成分が簡単に漏れてしまうと乱獲とか行われたりしうるのでは。
【総評】
 作者さんの好みを詰め込んだ点と、簡潔な描写がマッチしている点で☆4つとしました。
円山翔さん
評価:☆☆☆
 恐ろしいお話。人が育てた藤の花を独占し、自らの手で育てる仕組みを作らんとする、人を越えた蛇たち。人間が作り出したものを利用しようという狡猾な思考は、一体全体どこから生まれてきたのか気になるところです。
 後半はちょっと苦手な場面でした。ジャローダたちがマスターのポケモンを締め上げ飲み込むさまが生々しく描かれていたと思います。最後の、本当に最後のシーン。もしかして、不老長寿の薬というのは、ジャローダの体内で作られるものなのかなぁと思いましたが、どうなのでしょう。優しい香りと描写されているのが、かえって恐怖を通り越した何かを表しているように感じました。
はやめさん
評価:☆☆
 実は観たことなくて恐縮ですが、元ネタは『アナコンダ』と推測します。
 人喰いポケモンといいますか、パニック映画的なテイストを感じさせますね。
 この手の話は苦手でもないです。なんだっけ、人食いワニの映画とかあるじゃないですか。人やポケモンが死んでいくのはごくごく自然の摂理であって、生き物が蹂躙される様に覚える感情というものが、この手の作品から期待される楽しみ方であるように思います。

 個人的にはもっと描写を徹底……いや、さすがにこれ以上の描写は駄目ですよね。R-18Gになってしまう。
 ホウオウの力によって生を得たが故に、死生観に無頓着であったエンテイがジャローダという存在に恐怖し、はじめて「死」を意識する、という構図が面白いなと思いました。 
 だけどこの伝説……どこかヘタレっぽいぞ……? 私の中のエンテイはこのぐらいの窮地は跳ね除けてしまうイメージがありますが、この作品のエンテイはそういうキャラクターですよね、ということで受け取らせていただきます。
逆行さん
評価:☆☆☆
 マスターが最初は研究員を助けようとしていたのに、いつの間にか自分だけでも助かりたいと思うようになったこと。エンテイが最初は仲間を助けたいと思ったのに、途中から自分だけ逃げだしたところ。そういった利己的な、けれども致し方ない心情の変化が、うまいと思いました。
 設定も良く作り込まれています。ジャローダが巨大化した理由及び伝説のポケモンを圧倒できるまでに強くなった理由に、説得力がありました。
 冒頭で平和な小説だと思わせておいて、後半で反転させて一気に読者を恐怖のどん底へと叩き込む構成も良かったです。ただ、若干展開が急すぎたようにも感じました。文字数制限の問題もあるので、仕方ないといえば仕方ないかもしれない。
 設定は作り込まれてはいたものの、その設定を理解するのに少し時間がかかりました。もう少し説明を分かり易くして欲しいです。このお話では、サーナイトから聞いた情報をもとに地の文でエンテイがジャローダの説明をする、という感じになっています。この説明の仕方は分かりにくく、読者に不親切な印象を受けました。
 物語のキーとなる大事な設定を述べる際には、もっと簡潔なやり方が望ましいです。一層のこと、研究員の一人がジャローダのことを把握していて、主人公達にそれを説明する、みたいな方がシンプルな気がします。
北埜とらさん
評価:☆☆☆
 もう二度と戻らぬ友をジョウトあたりで待ち続けるスイクンさん……(同情
 なんかこうアレですね、エンテイでも成す術がないジャローダってどうやって倒すんでしょうね。彼が敬愛していたホウオウ様でもちょっと無理なんじゃないですかね。巨大なナマコブシならまだ……倒せるかも……しれないですかね……? いや何でもないです

 (ホウオウ様が生きてる限り)無限の命を持つ、が故に不老不死の魅力が分からぬエンテイ VS 不老不死の魅力に憑りつかれえらいこっちゃになったジャローダ ってことですか(ツイッターでそういうコメントを見かけて気付きました)。寿命が理解出来ないエンテイが、死を予感して恐怖する、不老不死のジャローダの寿命の肥やしとして呑まれて死ぬ。『エンテイ』そのもののインパクトに押されてなかなか気付けませんでした……。なるほど、面白いですね。
 この作品がちょっと可哀想だったなと思ったのは、開幕r15の衝撃で鬱展開であることが読む前にTLに周知されてしまったかなという点です(まあr15表記作品だから多少は予想ついちゃうけどね)。私も初読のときは「どうもグロいらしい」という前情報の上で読んでしまったので、(自分がバッドエンド苦手的なところもあり)「バッドエンドと分かっている物がバッドエンドに向かっていくのをひたすら無感動に眺める」的な読み方にならざるをえなかったのですが、二読目の時はちゃんと「絶望やんけ……(震)」と思いながら読むことが出来ました。えげつない描写がいっぱいで色々と楽し……かった……です……文章が大変お上手ですね(ふるえ
 私が一番好きなのはドンカラスが捕まるシーンです。助かった~(安堵)からのウワァ~(優しい表現)がやっぱり一番ウワァ~ってなりますね! その後は絶望! 絶望! からの絶望! って感じだったので、どっちかっていうと「お、おお……(どん引き)」って感じでした。作者さんがドン引きして欲しかったとは思えませんが、ここまで性癖を叩きつけられると……こう……ちょっと引きますね! 本当にすいません! あと性癖でもなんでもなかったらすいません!
 個人的な好みとしては、もうちょっとマスターちゃんに足掻いて欲しかったかなと思います。エンテイにホウオウ様の元を離れさせ従わせているトレーナーにしてはやや情けなさがすぎて、エンテイを連れていることに対する説得力があまりにも薄いかなあと感じてしまいました。
浮線綾さん
評価:☆☆☆
浅夜&とまとさん
評価:☆☆
レイコさん
評価:☆☆☆
小樽ミオさん
評価:☆☆☆☆
不壊さん
評価:☆☆☆☆
あすぺふさん
評価:☆☆☆☆
えびフライさん
評価:☆☆
じゅぺっとさん
評価:☆☆
さつこさん
評価:☆☆☆☆
空色代吉さん
評価:☆☆☆
586さん
評価:☆☆☆
織田秀吉さん
評価:☆☆☆☆☆