〔ここに作品のタイトルを入力してください。〕の感想

砂糖水さん
評価:☆☆
>「てめぇみたいな娘っこにダムやホワイティが理解できるのか?」
ちょwwwww
森羅さん
評価:☆☆☆
読者がいることを前提としたお話! ですね! そうですか、このフェスはポケモン世界で行われていたのか……!(いいえ、そうです) 初っ端からにやにやしてました。が、その初っ端の「笑わせようとしてるな」からの急降下がすごい。そうですよね、なんかこう「前だけ見て全力前進」ってなんかこう、しんどいですよねわかります。ものすごくわかります。周りの期待も、「そうであれ」という型にはまった「模範解答」もしんどいですよね、しんどい。
上から目線で申し訳ないですが、付け加えるならもうちょっと旅の話と「おにーちゃん」と再会した時の話を深堀してほしかったです。そうすると「おにいちゃん」の反応でまた文章が長くなりそうですが、それでもキーパーソンは訳ですし、「会えたよ」の一言はさみしかったかな、と……(あくまで一読者の感想です)。
照風めめさん
評価:☆☆☆
死亡:×
頻度:ラジオ1 上昇気流1 反比例1
舞台:アローラ
推しポイント:メタならではの遊び心
アオリ文:これが私の進み方
なんでこんなに今回はメタ作品が多いのだろうか……。投稿フォームの仕様を狙い撃ったタイトルが印象的です。
まず最初の一文から飛ばしてますね! ツカミはバッチリだと思います。
あとマジ個人的なんですけどラジオ聞いてくれたってことは運営座談会視聴者さんですかね? ありがとうございます。
音節を考えた単語の畳みかけが上手いですね。こういうのすごい好きです。声に出して読みたくなるってやつですね。
内容に関しては時系列がどんどん逆順していくのでちょっと捉えづらかったです。
要は島巡り的な風習は嫌だったのに、カプが目の前に現れて、いざ戦ったらぼろ負けしたけど一矢報いて毒を与えた。そしたらカプに認められて島巡りに行く事になってしまった。島巡りを終えると最終的にカプが自分から進んで手持ちになったというところでしょうか。
最後のタイトルはカプが決めたんですね! 可愛い。
まあ確かに神様が考える事なんてちんぷんかんぷんで分からないんですけど、こっちもカプが何を考えてるのかちんぷんかんぷんだったので、何か作者さん(あえて主人公とは呼ばない)ならではの解釈をつけて落とし所としてほしかったです。
ほんとにどうでもいいことなんですけど、
▷◐◁ ▷◈◁ ▷◉◁ ▷◑◁ ▷◐◁ ▷◈◁ ▷◉◁ ▷◑◁
これ見てると就活の筆記試験思い出しました。
風間深織さん
評価:☆☆☆☆
最初「うん?」と思ったのですが、読み進めるうちにこの始まり方にも納得。スッと世界に入ることができました。砕けた物言いがだんだんクセになってきて、私もそんな風にしゃべろうとして……やめました。ふふふ、お話の世界って、本当に素敵。この方も素敵な文章を書くことでしょうね。
空色代吉さん
評価:☆☆☆
文章のタッチが好きです。前進がテーマ、といいつつ“うしろむきでもまえにすすめる”って締めるのがクールでかっこいい。カプに認められたくなかったのに気に入られてしまうのが皮肉でもあり、また苦いエピソードでも文章のタッチがどこか明るくなってるのも悪くなかったです。
あきはばら博士さん
評価:☆☆☆
序盤と最後がハイテンションで駆け抜けてますが、中盤の神妙なテンションが好きですね。
あまもさん
評価:☆☆☆
ラジオ風の語り口調で、一気にお話に引き付けられました。メタ的な表現やフランクな口調もわたしの好物です……。
カイさん
評価:☆☆☆
メタ的な書き出しでこちらに語りかけてくる主人公が印象的で、ラップのように軽快にたたみかける文体が心地よく楽しく読めました。「馴れ合い? じゃれ合い? けなし合い? それとも無意味な競い合い?」の語感など好きです。

・話はあの日へさかのぼる
・話はあの日の数時間前へさかのぼる
・話はあの日の数時間前の数時間前へさかのぼる
・話はあの日々へさかのぼる
という構成も良いですね。文体だけでなく時間移動でも作品全体の軽快さを演出していて、上手いなーと思いました。
葉穂々さん
評価:☆☆
タイトルは「なんじゃこりゃ」と思いましたが、なるほど……
場面切り替えで挿入される模様がカプらしく、ハネッコジャンプの↑↑↑のように、遊び心があって良いですね。
穂風湊さん
評価:☆
タイトルに目を引かれて一番最初に読んだ作品。作品内容と全く関係がないのですが、(I Don't Need Any Titles To This Song!)という曲を思い出しました(括弧までが曲名)。
それはさておき。カプ・コケコならこんなこともしていそうだなと思いながら読んでいました。手持ちになって、主人公とカプ・コケコとの物語を書けとせっついてと。気まぐれな神様に振り回されてこの後も生活しそうですね。
トビさん
評価:☆☆☆
タイトルから書き出しのノリ 小説の流れまでもすべてがとてもユニークだなと思います 
描写がとにかく的確で 短くしかもトリッキーな作りの文章ながらお話を理解することができました
フィッターRさん
評価:☆☆☆
ぶっきらぼうな主人公の感情がそのまま表れた、ぶっきらぼうな文章が印象に残りますね。いきなりメタネタで始まる掴みが一気に読み手を引き込んでくれます。
前に進みたくなんかないけど、嫌でも前へ押される。人生そんなこといっぱいですよね。でもなんだかんだでまんざらでもなさそうにしている主人公は、きっと無理やり歩かされた道でも得るものはあったのでしょう。
乃響じゅん。さん
評価:☆☆
うしろむきでもまえにすすめる。主人公が島巡りを嫌々ながらもやり遂げて学んだことなのですね。やってみたら意外と悪いことだけでもない、と知ることは重要かもしれません。
島巡りを終えた後のエピローグ部分は読んでいてすっきりするのですが、それより前の文章が全体的にバラバラな印象でした。カプとバトルしている部分やおにーちゃんの登場シーンなどの描写不足感が気になりました。言い切らない表現と体言止めを使いすぎているのかな、と思います。
Pさん
評価:☆☆☆☆
ある種神様に追い立てられるように前を向いた主人公の軽妙でありつつ屈折した感覚を伝える冒頭から、勢いよく一気に読める短編であると思います。
一体神様が何を思ったかは彼女にさえわからないのでしょうが、気まぐれで知られるカプ・コケコのことですからもしかしたら本人にさえ明確な理由はない可能性すら浮かびました。
引きこもりから一転神様に選ばれた子供になった主人公に「正しさ」を好む大人や行く先で再会した「おにーちゃん」が何を語ったのかは作中では明確に語られませんがだいぶ心配しています。
ポリゴ糖さん
評価:☆☆☆☆
【褒めポイント】
・独特のテンポ、話調が好き
  声に出して読みたくなるノリのいい文章で、暗い部分も重苦しくなく読めた
・明るく始まり明るく終わる
  スッキリ! っていう感じではなくとも、それも「うしろむきでもまえにすすめる」を体現しているようで良い
【指摘ポイント】
・「おにーちゃんにも会った」ことは一文で流して良かったのか
  自分が後ろ向きになってしまったきっかけとなるキーパーソン、あるいはキーイベントだと思うのですが……。もっと言及があっても良かったのでは。
・メタネタの是非
  嫌いではないけれどどう受け止めればいいか私には分からなかった……
【総評】
 この文体は私には書けないタイプ、話調が好き、ということで☆4つです。
紫雲さん
評価:☆☆
 独特な文章。テンポの良さとも言いますか、淡々とした言葉の流れは自分も是非取り入れてみたいと思うものでした。後ろ向きでも進めることを一貫して主張された物語と語り手の潔さも素敵です。ただ、個人的な好みですが、メタ的な描写が入るのはどうしても苦手で、作品に入り込めませんでした。
円山翔さん
評価:☆☆☆☆☆
 上手いなぁ……心からの感想です。前半は走馬灯のようにパッパッと場面が移り変わっていって、そして守り神との邂逅。そこから島めぐりへ向かって幾月日。最初にイワンコが逃げ出したのが反抗期故なのか、それとも野生の勘というやつで何かを感じ取ったのか、カプ・コケコは何故に主人公の前に姿を現したのか、そしてボールに入ってきたのか。全てはこの作品を書かせるためだったのではないかと思うと、神様の気まぐれはやっぱり予測がつかなくて、恐ろしくも面白いものだなぁと思ってしまう訳なのです。ああ、タイトルの付け方から面白いです。そしてちゃんとしたタイトルを最後に明かすというのもまた、素敵な演出だと思いました。
はやめさん
評価:☆☆☆☆
 これは相当文章の上手い方、書き慣れた方のイメージがあります。何度か読み直したくなる中毒性がありますね。
 文章のリズムがだんだんクセになってくる心地良さ、突風を浴びているかのよう、嵐の如く過ぎ去り、青天が其処に残る。

>よりによってそんな私の前にどうして現れる? 今日も今日とて島めぐりに勤しむ子どもの前でなく、島に住む大多数の正しいオトナの前でもなく、正しくいようとした彼でもなく、正しくない、否それ以前に何もしてない、進もうとしない、こんな、この、私の、前に?
 いや率直に言って、そんなあなただからこそ、カプ・コケコは姿を見せたんじゃないだろうかと思います。神は気まぐれですから、面白そうな人間を選ぶのも一興でしょう。
 何かを感じて、何かに身震いし、動けず立ち竦むけれど、心の中で色々な靄を抱えており、それが故に魅力的に映りました。

>“うしろむきでもまえにすすめる”
 個人的にはタイトルこれでもアリなんじゃないかなと思いました。今のタイトルも味が出ていて素敵ですけどね。文末にこれを置くから引き締まるのかな。
北埜とらさん
評価:☆☆☆☆
 お題の使い方が大変気持ちよくて好きです、特にラジオ。上昇気流も反比例も、ここぞ、ってシーンで入ってるのが印象的でした。お上手です。
 綺麗な文章を書かれる作家さんだなあと思いました。ああ~~~以下略のパートも真ん中のパートも、文章のリズム感が素晴らしくて、言葉の選び方も巧みで、意味が通りやすくとても読みやすかったです。どっちのパートに関しても、真似しろって言われても私は真似できない文章だ。本当に素敵でした。声に出して読みたい感じです。
 上手い感想が出てこないんですが、全体的に、ハイセンスだなあと思います、言葉の重ね方、ポケモンの描写から自身の描写へ繋げていく手際、『アローラ! アローラ!』という原作の引用、と部屋の中の描写との対比、閉塞感の演出、句読点改行の使い方。画面の空白を用いた演出が美しい。シナリオとして際立ってると感じたところは個人的にはなかったんだけれど、オチ、からのタイトルへの帰着と、「いやあ上手かったな」という読了感が残る作品でした。上手い。技巧派。
 本当に碌な感想じゃなくてすいません。上手かった~という印象の中に微かに残っているしこりは、『うしろむきでもまえにすすめる』とはどういうことだったのか、本当に我らがかわいい主人公ちゃんは精神的に後ろ向きのままあのしまめぐりを達成することが出来たんだろうか、ってことなんですが(いやしたんだろうけど)……。あのしまめぐりを見事達成したのにホントにうしろむきのままなんか? って疑問に思っちゃう私が、もうこの島に毒されてるんやろなあ。なんか、もしかしたら、カプ・コケコやヒドイデというポケモンの選出と『うしろむきでもまえにすすめる』ことが関係してんのかなあ……なんかこう例えばクチートとか、後ろ向きで攻撃する(?)しヒドイデとかもそうなのかも……違うかな。妄想楽しい。
逆行さん
評価:☆
 ……いやどう評価したらいいんだ!!!
 いやまあ、面白かったは面白かったんですけどね。主人公の語りもユーモアに溢れていたし、ストーリーも意外としっかりした成長物語だったし。
 内輪ネタのオンパレードですね。ダムとかホワイティとか。メタネタはまあ良いとしても、この内輪ネタの多さはちょっと……。
 お話の構成が若干分かりにくかったようにも思えました。メタを効果的に生かしきれていないというか。カプコケコが主人公に眼の前に現れた理由だとか、もうちょっと書き込んで欲しい気がします。もう10000文字くらい読みたいかなあ。今ひとつ主人公が前に進んだときのカタルシスが弱かったようにも思えます。
 一言でいうなら、カオスでした。このカオスさが面白いのかもしれませんが、正直自分にはあまり合わなかったです。すいません。
 昔はこういうメタな作品好きだったんですけどね。自分もメタのお話たくさん書きましたし。ただ最近はあんまり……。
 
Ryoさん
評価:☆☆

文章のテンポやリズム感はよくて面白いと思います。
主題となる「うしろむきでもまえにすすめる」を、時系列を遡ることで表している、という試みが興味深く、それは半分成功していると思います(理由は後述)
しかし、なんというか凝りすぎというか……独りよがりな文章という印象です。
カッコやハイフンの多用、内輪ネタ、これがどういうお話か、どういう時系列で進んでいるのかを読者に伝えるより先に
とにかく凝った文章にしよう!というのが優先してしまっていて、肝心の話の筋が非常に分かりにくい。
何より核となっている「うしろむきでもまえにすすめる」の、「まえにすすむ」部分が全部端折られていませんか。
本文に書かれているのはただの「うしろむき」だった主人公が「まえにすすむ」きっかけを掴みかけた、そこだけで、
実際どうやって主人公が「うしろむきでもまえにすす」んだのかについては全部事後報告なので何もわからない。
不必要に多すぎる比喩とか心理描写とか削ってでもそこは書くべきだったと思います。
浅夜&とまとさん
評価:☆☆☆
ステイルさん
評価:☆☆☆
レイコさん
評価:☆☆☆
48095さん
評価:☆☆☆☆
まーむるさん
評価:☆☆☆
小樽ミオさん
評価:☆☆☆
不壊さん
評価:☆☆☆
あすぺふさん
評価:☆☆
えびフライさん
評価:☆☆☆
久方小風夜さん
評価:☆
灰戸さん
評価:☆☆
さつこさん
評価:☆☆☆☆
586さん
評価:☆☆☆
織田秀吉さん
評価:☆☆☆☆☆
浮線綾さん
評価:☆☆